読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインで投資生活

ビットコインで投資して不労所得を得ながら生活する様子を書いていきます(笑)

ビットコインってなに⁉︎

 

どうも初めましての方はこんにちわ。

 

 

また来てくれた人はまた会いましたね。ありがとうございます。

 

 

「モコラニアン」こと「モコ」です(^^)

 

 

 

 

さて、先ずは仮想通貨(ビットコイン)についてよく知らない方向けになるべくわかりやすく、自分なりに整理して書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

ビットコインっていうものについて詳しく話すと話がながーくながーーくなるのでだいぶざっくりと噛み砕いていきますね(^^;)

 

 

あ、もっと詳しく知りたいって方はまた別で勉強してくださいね(笑)

 

 

 

 

まず、仮想通貨=ビットコインと認識してください。

 

仮想通貨は他にもありますがここではビットコインを対象に話をしていきますね。

 

 

 

ビットコイン等の仮想通貨は別名暗号通貨とも呼ばれており、ある種の匿名性を保ちつつも極めて透明性の高いビットコインのデータを個人間でやり取りする事でお金の代わりとしてお金の取引が出来るという代物です。

 

 

 

 

え?もう意味がわからないって?

 

意味がわからないならわからないでいいんです。

こういうものは習うよりも慣れろですよ(^^;)

 

 

とにかくビットコインというデータを個人間でやり取りをする事で普通の通貨と同じ様に扱う事が出来るという事。

 

 

でもそれじゃあ普通のお金と一緒だって?

 

普通のお金と一緒ならわざわざ訳のわからないデータ上の代物の仮想通貨なんてやらなくていいじゃんって?

 

 

 

ハイ、その通り‼︎

 

 

 

とは、ならないんですねー(笑)

 

そうなるなら誰もやらないからねー。

 

 

 

 

じゃあ、ビットコインと普通のお金の違いってなにかって?

 

 

説明しよう‼︎

 

 

1、普通のお金は発行元があるがビットコインは発行元が無い。

 

 

2、ビットコインは手数料が安い。そして、直ぐにお金のやり取りが出来る。

 

 

 

大きな違いはこんな感じかな。

 

 

 

少し詳しく見ていきますね。

 

 

 

まず 1、普通のお金は発行元があるがビットコインは発行元が無い。

 

 

 

これはどういう事なのかというと…

 

 

まずは普通のお金について。

 

日本に住んでる方だと一般的な通貨は「円」ですよね。

でもその円って誰が価値を決めてますか?

 

 

 

そう、答えは日本政府、日本銀行ですよね。

 

 

日本では日本銀行が円を発行して発行された通貨、例えば1000円札ならちゃんと1000円分の価値がある物ですよって認定してる。

 

 

だから円には価値があるんです。

 

 

もっと具体的にいうと、

 

千円札が千円の価値があるのは日本全国、はたまた世界中の人々がこれは千円分の価値がある物だと分かっているから千円札をお店で渡せば代わりに千円分の品物が買えるんです。

 

 

つまり、日本では日本銀行、もっといえば日本って国が円という通貨の価値を認めている(=保証している)からみんなが円をお金として使えている訳です。

 

 

 

 

なるほど、つまり普通の通貨は安全って事だね‼︎

 

 

って思いますよね。

 

思った人は手を挙げてー。

 

 

 

 

…うんうん、結構いるねー。

 

 

私も最近まではそうだったから大丈夫だよー。多分それが普通の感覚だから(笑)

 

 

話を戻します。

 

国が価値を認めているから普通のお金は安全じゃないかというのは実はそうとも言い切れないんです。

 

 

だって、国がその価値を認めなくなったらどうなりますか?

 

 

 

極端な話ではありますが…

 

もしもある日突然、日本政府が「明日から円は廃止して新しい通貨のモコを使います」

 

って、言ったらどうなりますか?

 

 

 

みんな大好き一万円札の福沢諭吉さんはただの仏頂面のおっさんが描かれた汚ならしい紙に変わり、500円玉はかの銭形平次の様に武器として警察官が投げて回るかも知れません。

 

 

更にさらに、通貨の流通量なんかも政府がコントロールする事も出来るわけですから例えば政府が借金を返す為に沢山の通貨を発行して通貨の流通量が増えてしまった場合はその通貨の価値自体が下がるって事もあります。

 

 

つまり、政府の発行通貨である円は政府が価値を認めているから価値がある訳で、もしもその価値をある日突然認めなくなってしまったらただのゴミに変わるという事。

 

 

 

 

え?

 

そんな事有り得ないでしょ。って?

 

 

 

 

 

うん。有り得ない。

 

 

って事も実はない。

 

 

 

例えばギリシャでいえば国が財政破綻をしましたよね?

 

 

国が借金を返せなくなって財政破綻がおこったから政府が国民の銀行口座の預金を封鎖して銀行から自由にお金を引き出せなくなってしまった。

 

こういう事が平気でやろうと思えば出来てしまうんですよね。

 

 

そして、ギリシャは他所の国に借金をしてその借金を返す事が出来なくなったせいで財政破綻をしたわけですけど、借金の額だけでいえば実は日本の方がギリシャよりももっと多いんですよね(^^;)

 

 

ただ、ギリシャは他所の国に借金をしていたけど日本は自分の国民にお金を借りているからなんとか体裁を保っているだけで、これが一般の企業ならとっくに財政破綻をおこして倒産してますよ( ̄◇ ̄;)

 

 

だから現に世界のお金持ちや投資家と呼ばれる方達はドルや円、ユーロにポンド、元といった政府公認の通貨を一つだけじゃなく、自分の総資産を色んな形で分けて所有するわけなのです。

 

そうしておけば仮にある日突然どこかの通貨がゴミクズ同然になってしまっても他の通貨を持っていれば自分の総資産の全てを失うという事はなくなりますからね。

 

 

要するに普通の通貨は政府が価値を保証しており信頼性がある様に思うが、反面その政府次第で価値が急にゴミ同然に変わる事も有り得るという事。

 

 

 

ではビットコインの場合はというと、先述した様に発行元(日本でいう日本銀行の様な中央管理者)が無いんです‼︎

 

 

 

コレって凄い事ですよね。

 

だって誰も発行してないんですよ。

 

 

つまり、誰にも、何者にも左右される事が出来ず、干渉される事も無い、全世界共通で使える通貨という事なのです。

 

 

その価値はビットコインを使用している人の需要(ビットコインを欲しい人)と供給(ビットコインを売りたい人)のバランスで成り立っているのです。

 

ビットコインは今や全世界で使用されており、しかもドルやユーロ、円といった政府発行の通貨とも両替可能な為、その価値がある日突然ゼロになるという事はまずあり得ないと言えます。

 

 

しかも、特に財政的にも厳しい国なら余計に自国の通貨よりもビットコインを特に使用する傾向があります。これは自分の国が財政破綻をすればその日から自分の国の通貨がただの紙切れになってしまう事を恐れているからです。

 

 

この事からビットコインの発行元がないというのはとても興味深い点であると言えますね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次に

2、ビットコインは手数料が安い。そして、直ぐにお金のやり取りが出来る。

 

 

 

これはどういう事かというと、例えばあなたが自分の親にお金を送るとします。

 

自分で走って直接届けに行ける人はいいですが、大多数の人はそんな事は手間もかかるわけですし銀行で振込をするのが一般的ですよね。

 

じゃあ、今から銀行に行って送り先の銀行口座にお金を振り込んだら、いつそれがその人の手元に届くでしょうか?

 

 

国内で平日ならば翌日に銀行口座に送られているでしょうが、送りたい時が祝日等の銀行の営業時間外だとしたら?

また海外に送金するとしたらどうでしょうか?

 

 

すぐにその日のうちにお金を送るというのは出来ませんよね(^^;)

 

 

 

それもその筈、銀行という仲介者がいてるので時間がかかるのは当然なのです。

 

 

 

これが今までのお金を送る方法でした。

 

 

 

 でも、ビットコインは違います。

 

 

ブロックチェイン(今回はこちらについての説明を省かせていただきますね。汗)という技術が出来てからビットコインは銀行という仲介者を通さずに直接個人間をやり取りできる様になりました。

 

 

 

 

このことにより、送り先がどこの誰でもどの時間でも、ものの数秒で通貨(ビットコイン)のやり取りが自由に出来る様になってしまったのです。

 

 

更に、この技術は銀行という仲介者を介さない為、手数料がごく僅かで送金が出来てしまうのです。

 

銀行ならば送金時の手数料は額にもよって変わりますが、数百円からですし、もしも送り先が海外ならば千円ぐらいは平気でかかる手数料がビットコインならばたったの10円程で送れてしまうのですからまさに金融革命と言えると思います。

 

 

 

もう一つ付け加えるのであれば、銀行という仲介者を介さない訳ですから

例えば銀行の社員が預けられている預金を横領するといった事件も起こらないのです。

 

 

 

当然、ビットコインのシステムは今までの銀行が管理しているのではなく、自分で管理をする訳ですからそれ相応の対策を講じなければ赤の他人に自分のお金を盗られてしまう可能性があるわけではあるのですが、それは現実世界でも同じ事なのです。

 

 

現実世界でも財布を落とすかもしれませんし、泥棒が家に入るかもしれません。

銀行が横領したり、潰れる可能性だってないとは言えないですよね。

 

 

 

ちゃんと管理をすればビットコインだって安全に使用する事は充分可能なので、そこはあまり心配しなくても良いのです。

 

むしろ、ちゃんと管理すれば普通にお金を財布に入れておいたり銀行に預けるよりも安全なぐらいです(^^;)

 

 

2020年は東京オリンピックがありますし、実は日本でもビットコインが使えるお店の数はここ数年で4倍程にどんどん増えているのです。

 

 

更にそれを後押しする様に日本政府も海外の旅行者向けにビットコインのインフラを整えるとも明言してますし、ビットコインはどんどん需要も増えるし使える場所も増えていきます。

 

 

 

特に日本人は警戒心が強くあまり知らない人もまだまだ多いですが世界の人々はこのビットコインの優位性に気づいており、実際に使用しています。

 

 

 

また需要がどんどん増えているのでビットコインの価格もどんどん上がっていっています。

 

 

試しに小額だけでも買ってみるのも面白いと思いますよ( ̄◇ ̄)

 

私なんかも12月に1ビット10万円で購入したビットが今は10万5000円になっています。

20ビット程買っていたのでそれだけでも差額で10万円も儲かっちゃってますよね。( ´∀`)オイシイナー

 

 

あ、ちなみに2025年にはビットコインの価格は1ビット辺り日本円に換算して約1000万近くになると試算している経済アナリストもいてるぐらいビットコインの需要は日に日に高まっていっているのです。

 

 

 

ですから皆さんとりあえず興味が出たらまずはやってみましょう‼︎笑

 

 

もう一度いいますが、習うよりも慣れろですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

あ、ビットコインのやり方はまた別で書きますね。

 

 

 

では、今回はこのあたりでお終いにします。

 

 

読んでいただいてありがとうございます(^^)

 

また会いましょう( ´ ▽ ` )ノ